LINEで謝る時、男性はLINEスタンプだけで済ます人が多いように思います。

LINEスタンプで謝ると雑な印象になる

でもそういった手抜きの積み重ねが、大きな失敗の原因になることもあります。

LINEで謝る時、謝罪スタンプのみはNG

遅刻しそうな時や、ちょっとした喧嘩をした時、ちゃんと謝らなければいけない場面で、時間がなく面倒で使いがちになるのがLINEスタンプです。

まぁそれがLINEスタンプの使い勝手のいいところでもあるのですが、状況はよく考えて使いましょう! ということです。

本人的には、とりあえず謝ったことになるし、まぁいいだろ! って思っているのかもしれません。

でも、本人が思っている印象と、LINEを受信した側が受けている印象は、ちょっと違っているかもしれません。

相手には、「軽い」「ウザい」「真剣味がない」と、イラっとされている可能性は高いでしょう。

ここでも、全くイラッとさせていることに気づかない男性は、結構ヤバいかもしれません。

「なんで怒ってんの?謝ったじゃん!」なんて言ったときには、相手女性の怒りが爆発する恐れありです。

謝罪する時は、例えLINEでもちゃんと文章を打って謝るようにしましょう。

これは何も謝罪の時だけではなく、真剣な話をしている時なども同じだと思います。

ちゃんと文章を打ったほうが、誠実さを感じる女性は多いようなので、実践してみてください。

おすすめ出会い系ベスト3!

 

1位 PCMAX

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX  

2位 Jメール

 

3位 ハッピーメール