LINEを使ってメッセージのやり取りをしていると、ふと電話の方が仲良く出来るのにな!って思いませんか?

LINEでメールから電話

実際、メッセージのやり取りよりも無料通話を使ったほうが仲良くなる可能性は高まります。

仲良くなりやすい順番として、メール(LINEのメッセージ等) → 電話(LINEやSkypeなど) → 実際の会話の順番で仲良くなります。

ですのでLINEでも、なるべく自然にメールのやり取りから電話に切り替えた方がいいんです。

でもタイミングが結構難しいですよね?

まだ仲良くなっていない段階でいきなり電話をしても引かれてしまうかもとか考えてなかなか電話できない人も多いと思います。

ということで、電話に切り替えるタイミングをいくつかマスターしておくと、違和感なくメールから電話に切り替えることができます。

特にLINEは、メールから電話にもっとも切り替えるのが簡単ではないかと思っています。

LINEの手軽さを利用して、どんどん電話のきっかけを作ってみてください。

メールから電話に切り替えるタイミングとは?

大きくわけると下記の3パターンが電話に切り替えるタイミングです。

  1. 話が長くなりそうな時。
  2. メールでは伝えにくそうな内容の時。
  3. メールがテンポがよく盛り上がっている時。

1. 話が長くなりそうな時

恋愛相談や悩み相談や愚痴など、話が明らかに長くなりそうな時ほど、電話は有効です。

メールだと、長文のやり取りは面倒になりますからね。

ですので「長くなりそうだし電話にしようよ。」と、誘えば電話へ切り替えやすくなります。

しかし、まずは相手から相談を受けられるくらいに仲良くなることが、とても大切です。

2. メールでは伝えにくそうな内容の時

ちょっと内容が難しそうな話だったり、メールでは伝わりにくい内容を送る場合は、電話にした方が意味も伝えやすく効果的です。

「メールだと伝えにくいから電話にしよう」と誘えば、電話へ切り替えやすくなりますよ。

3. メールがテンポがよく盛り上がっている時

メールで感情表現が目立ち、すぐに既読がつき返信もくる時は、なにか他に忙しいわけではなく、 メールやLINEを楽しんでいる時です。

この時も比較的簡単に電話に切り替えやすくなります。

メールから電話に切り替えるタイミングのまとめ

相手の女性とはやく仲良くなりたいなら、電話への切り替えは結構大切になってきます。

ズルズルとタイミングをのがすと、仲良くなるチャンスも逃してしまいます。

上記の3つのタイミングに当てはまる時は、積極的に電話への切り替えを狙っていきましょう。

おすすめ出会い系ベスト3!

 

1位 PCMAX

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX  

2位 Jメール

 

3位 ハッピーメール