LINEでやり取りを続けるうえでも、やはりコツはあります。

メールを面白いと感じさせるためにも、こういったテクニックは身につけておく必要がありますよ。

LINEでやり取りを長続きさせるコツ

理想的なメールの流れのパターン

メールにもリアルな時の話の流れ同様、理想的な流れがあります。

リアルの時の話の流れは、

相手が興味を持ちそうな話題をふる。

  1. 相手が答える。
  2. 話を広げる。
  3. あとは女性に話してもらい聞き役に徹する。
  4. 話が止まりそうになったときに、改めて話題をふる。

基本的には、この1〜4の流れの繰り返しです。

メールも多少は違いますが、基本的には結構似ています。

パターン その1

  1. 相手が興味を持ちそうな話題をふる。
  2. 返信がある。
  3. 質問する。

この流れが理想的です。

相手が興味を持っている内容なら、LINEでのやり取りも続きやすいです。

自分に興味のある話題で楽しく盛り上がれば、この人気が合うかも!ともなりやすいですしね。

パターン その2

  1. 自分に関する話やリアルな話題をふる。
  2. 返信がある。
  3. 質問する。

パターンその1に比べると弱いですが、これでも十分です。

質問が一度に複数になってしまったり、返信が待ちきれず一度の返信の間に複数のメッセージを送らないよう、自分の気持ちを制御してください。

また、送る内容は相手を楽しませられる内容かも一度考えてから送るクセをつけておくと返信率もあがりますよ。

メールを長続きさせるコツとは?

01. なるべく質問を入れて返信する

長続きの基本の基本ですが、なるべく返信する時には質問をまぜることです。

この時、質問はひとつの返信に対してひとつまでです。

また、質問を入れなくても相手が返信しやすいと思われるような内容なら返信率はあがります。

02. 生活のリズムと返信のリズムを合わせる

相手が普段は何時くらいまで起きてるのか、仕事が何時に終わるのかを把握しておくことで、返信しやすいタイミングをはかることができます。

さらに生活リズムやライフスタイルがある程度わかれば、必然的にメールを送るとまずい時間もわかります。

相手に合わせたメールの送信や返信は、思いやりをもっていると好印象をあたえます。

03. テンションを合わせる

相手のテンションに合わせた絵文字量、文字量、返信時間を意識します。

LINEスタンプが好きな相手なら同じような感覚でスタンプを送信する。

絵文字の量や文字量も同じです。

長文が好きな相手なら長文で返してOKですし、擬音(ショボーンなど)が多い子ならコチラも合わせて似た文章を返してOKです。

「笑、W、www」などの笑いマークも迷うようなら、相手の傾向に合わせて問題ありません。

返信時間も相手が3時間で返信してきたなら、半分から3時間程度の返信時間で返すのが、相手の負担にもならずに良いでしょう。

また、この方法を続けていくと、返信時間の間隔が徐々に短くなるという話もあります。

おすすめ出会い系ベスト3!

 

1位 PCMAX

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX  

2位 Jメール

 

3位 ハッピーメール