自慢話を話すのは、尊敬されたい、すごいと言ってもらいたいということからなんでしょうが、聞いてるほうからすると、「だから何?」といった内容がほとんどです。

自慢男にウンザリ

人は誰しも、自分の得意な話や好きな話しをしているのは、楽しいものです。

しかしそれは話している方の都合で、聞いている側はそうは思っていないこともあります。

特に女性は、話を聞くよりも話すのが好きな傾向にあります。

女性の嫌がる自慢例

女性の前だと、ついついカッコをつけたくなり、自慢話が増えてしまう人が多くいます。

しかし基本的に、興味のない話を延々と聞かされても、いい印象はもたれません。

自分から話さず、周りから気付かれたほうが、自然とあなたの評価も上がるので、むやみやたらと自慢話をするのはやめましょう。

例1. 仕事での成功自慢

これはかなり日常でも耳にしますよね。

俺は仕事ができるんだ!この前も・・・(長くなるので略)

よく聞く話題ですが「すごいねー」と、大体の場合は話を流されてます。

その手の話は自分の会社でも周りからもたくさん聞くので、正直耳にタコなのです。

例2. 高学歴自慢

偏差値65の高校を出た!大学は◯◯だったなど、高学歴をアピールしてくる人がたまにいます。

しかし、そんな過去の栄光を誇らしげに話すのは、アピールポイントが他にないと言っているようなものです。

例3. 昔はワルだった自慢

不良がイコールでカッコイィと思っているのでしょうか?

学生時代なら、まだいいのかもしれませんが、社会人になってからこんなアピールをしているようでは、呆れられることほぼ確実です。

例4. モテ自慢

「今まで◯◯人付き合った〜」「経験人数は◯◯人だ〜」などのモテ自慢は、ウンザリされる定番の話題です。

チャラいイメージの男性は、イメージもよくないですよ。

例5. 筋肉自慢

筋トレに夢中になっている人は、筋肉を触らせたり筋肉自慢をしたがります。

何気ない仕草や行動で気付いた時はカッコイィと思われますが、自分から話してしまっては、価値を落としてしまいますよ。

おすすめ出会い系ベスト3!

 

1位 PCMAX

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX  

2位 Jメール

 

3位 ハッピーメール