好きになった方が負けっていう言葉ありますよね?

これは恋愛において、先に好きになった方がどうしても不利になってしまうという意味です。

好きになった方が負けの心理とは?

もっとわかりやすく言うと、相手に「自分の好意」がバレると、恋愛では分が悪くなります。

また、お互いに気になっていた場合でも、好きな思いがより強いほうが、やはり恋愛においては不利になりがちです。

好きになった方が負けだと言われる理由

理由は主に2つあります。

1つ目. 心理上下に見られやすい

見下されるといった話ではありませんが、なかなか手に入りにくいものほど欲しくなる心理と同じで、すぐに手に入りそうな男性には、あまり興味をいだかないのが普通です。

がっついてアピールされたり、気合の入りすぎたデートコースなど、時と場合によっては女性にいいように利用されるだけで終わる可能性もあります。

2つ目. パワーバランスが弱くなる

基本的に恋愛においては、主導権をとれるほうが圧倒的に有利です。

しかし好きになってしまった状況では、相手に嫌われたくない、すかれたいとの思いから、相手の意見ばかり尊重しがちになります。

そもそも女性は、こういった男性をこびていると見るのですが、その状況からもなかなか脱却できないのは珍しいことではありません。

つまり・・・こういうこと

恋愛は勝負とは違うので、勝ち負けだけの判断ではありません。

しかし、好きになったことが相手に伝わると、異常に不利になってしまうのは間違いありません。

誰かを好きになることは自然なのでいいのですが、その女性のことを本当に口説きたいと思っているなら、さりげない好意で徐々に相手を自分に惚れさせてください。

十分に脈ありサインが出てくるようになれば、付き合える可能性もかなり高くなっているので、勝負はそれからで良いでしょう。

おすすめ出会い系ベスト3!

 

1位 PCMAX

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX  

2位 Jメール

 

3位 ハッピーメール