あなたは過去に、メールやLINEで送信した後、大後悔した経験はありませんか?

ドン引きされないためのLINEテクニック

多くの男性は、翌日になってメール画面を見た時、

「昨日の俺はどうかしてたー」

「めちゃくちゃ痛いメール送っちゃったよー」

と、後悔した記憶があると思います。

好きな子とのメールやLINEは、舞い上がってしまって、かなり痛いメールを送ったりすることがよくあります。

特に恋愛経験のあさい人ほど、これらの大ミスをやりがちなんです。

そして、こういったメールやLINEをしてしまったがゆえに、女性にドン引きされ、音信不通になるということも、別に珍しいことではありません。

女性にドン引きされるメールを送らないための方法とは?

これはもう、たった一つを徹底するだけで効果が出ます。

それは・・・・・

メールなら下書き機能を使うことです。

メールが送られてきたら、すぐに返信を考えていいのですが、返信を考えた後に、下書き機能でメールを保存するのです。

それから半日くらい、もしくは一晩置いてから、下書きメールを読んでください。

時間を置いた後に内容を見ると、ものすごい痛いメールを書いていたことに、気づくことがあります。

それくらい舞い上がっている時は、めちゃくちゃなメールを書いたりするものなんです。

ただし、この方法はLINEではちょっと使いにくいのが難点です・・・

LINEには下書き機能がないことに加え、既読機能がついてないですからね。

ですので、LINEの場合は見るのはトーク画面までにして、既読をつけない状態で時間をおきましょう。

メールやLINEがきた瞬間は、どうしても舞い上がってしまいまがちなので、結果的にドン引きされるようなメールを返信しがちなのです。

LINEにもメールにも共通して言える、ドン引きされるメールを送らないコツは、いったん時間を置くことです。

これだけでも、結構余裕が生まれるので、はじめの間は試してみてくださいね。

おすすめ出会い系ベスト3!

 

1位 PCMAX

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX  

2位 Jメール

 

3位 ハッピーメール