LINEでは、あまりにそっけない短文は、基本的に「いい加減な返信」とみなされてしまいます。

男性の多くは、あまり長文を打つのが好きでない方がほとんどなので、面倒に感じますよね?

女性が喜ぶLINEでの短文

だからと言って、長文はもっと嫌がられることが多いんですけどね・・・

ひとまず今回は、短文でもいい加減な奴だと思われない、LINEやメールの返信パターンを紹介します。

短文でもいい加減な奴だと思われない、LINEやメールの返信パターン

1. 最後に絵文字やスタンプが入っている

普段あまり絵文字やスタンプを使わない人なら、短い文でも「気を使ってくれたんだな!」という印象をもってもらえます。

なるべくポジティブな印象の絵文字やLINEスタンプを使うといいでしょう。

 

2. 女の子を褒めた文

「周りをよく見てるよね!」「気配り上手だね!」「努力家だね!」など、女の子を褒めた文は、一言だけでも、いいイメージをあたえられます。

変に余計な言葉を書くよりも、下心が見えにくいので使いやすいですよ。

3. いいね!すごいね!といった感嘆文

感情をストレートに伝える文は、どういいのか?どうすごいのか?を伝えなくても、話の流れで感情が伝わりやすい短文です。

4. ありがとうや感謝の言葉

感謝の言葉は、短文でもいい加減な印象をもたれません。

いくら使っても損する言葉ではないので、ちょっとしたことでも使っていきましょう。

 

5. 相手の名前を入れる

「◯◯のおかげだね」といった感じで、短文でも相手の名前をいれてあげるだけで、思いやりのある感じのメールになります。

おすすめ出会い系ベスト3!

 

1位 PCMAX

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX  

2位 Jメール

 

3位 ハッピーメール